最終更新:2016年11月21日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2008 - 走象主

分離前 多足歩行ロボット 分離後 二足歩行ロボット 3D-CAD図
  • 地区大会ベスト8

走象主は象の形をしたロボットで、前半分が二足歩行ロボット、後半分が多足歩行ロボットでできています。スタート時は多足歩行ロボットにより歩行し、前半分の二足歩行ロボットを変身ゾーンへ送り出します。分離された二足歩行ロボットは完全な人型形態に変形し、ゴールを目指します。

多足歩行ロボットは、リンク機構により、ゾウのような重量感のある四足歩行を行います。ロボットの重心にある旋回専用の足を軸にロボットが回転し、方向転換します。多足ロボットの背中には、大分をアピールするパフォーマンスボックスがあります。二足ロボットと分離するときは、ラック&ピニオンで前方にロボットを送り出して、高さ20cmのハードルを越えます。

変身パフォーマンスでは、二足ロボットが完全な人型に変形し、さらに多足ロボットの背中にあるパフォーマンスボックスがひな壇のように展開します。ボックスからは、大分の特産物(干ししいたけ、ふぐ、カボス、地獄蒸しプリン)、名所(夢大吊り橋、九重花公園、アフリカンサファリ、別府八湯)やサンフラワーなどが現れます。

二足歩行ロボットは、人間と同じ関節(腰・膝・足首)があり、各関節にサーボモータが付いています。各モータの角度を調整し、ロボットの重心を左右に移動させながら、足を前へ踏み出す動作を交互に繰り返して、人間さながらの歩行をします。歩行時には目が緑色に光ります。

文章:2008年度部長