最終更新:2016年11月21日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2011 - Typhoon(ディフェンス)

展開前 展開後 ジャンプ
  • 初戦敗退

「見る人にかっこいいと思わせるようなロボット」をテーマにして作ったのが,Bチームのtyphoonです.

このディフェンスロボットは2輪のタイヤで駆動します.
スピーディーな動きでフィールド内を駆け巡ることができます.
試合開始直後に相手の戦術に合わせ高速にオフェンスロボット前に攻め寄ります.
時には壁際で待機し,相手の投球を待ちます.

試合開始後ディフェンスロボットは高さ5mまでの展開を許されています.
このロボットは釣り具を圧縮空気を使用し,高速に布を展開します.

今年のルールではフィールド内の限られた区域でロボットのバンパー同士の接触が許されています.
このディフェンスロボットのバンパーはスカートから伸びているプラスチックチューブで支えられています.
このチューブは実際にテオ・ヤンセン展で展示されたビーチアニマルに使用された,オランダ製の塩ビパイプです.
スカートの地面との摩擦力,バンパーのしなりによって,このロボットは相手ロボットから動かされません.

typhoonのテーマを満たすため,このロボットにはジャンプ機構を搭載しています.
非常に出力の高いエアシリンダを搭載しており,圧縮空気によってジャンプします.
実際に高さ1mを超える高さまで飛ぶことができます.

重量制限が8kgという非常に厳しい制限の中,ジャンプ機構を搭載することができたのはわけがあります.
それは構造が非常にシンプルだということです.
スカートには非常に軽いカネライトフォームをベースにし,フレームはすべてプラスチックチューブで作りました.
金属パーツをほとんど使っていない,今までにないロボットです.
また布の配色にもこだわっており,見ていて美しいロボットに仕上がりました.

大会では相手の投球をすべて妨害することができ,会場を沸かせることができました.

文章:2011年度Bチームディフェンス操縦者