最終更新:2016年11月21日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2011 - Typhoon(オフェンス)

全体図 投球機構 補給機構
  • 初戦敗退

「見る人にかっこいいと思わせるようなロボット」をテーマにして作ったのが,Bチームのtyphoonです.
アメフトといえば選手同士の熱いタックルが見どころの一つですが,このオフェンスロボットはそれを再現するために作りました.

試合開始後ロボットは一直線にキャッチゾーンへ向かいます.
キャッチゾーンに到達後,スローワーは捕球機構にボールを投げ込みます.
プラスチックチューブでできている捕球機構はボールの勢いを吸収し,ボールの向きを整えロボットのアームの先にボールを装填します.

パスを受け取ったロボットは上半身に取りつけられたアームを高速回転します.
この時ロボットの下半身にはアームと逆方向の力がかかり旋回します.

フィールドで相手ディフェンスロボットをタックルして押しのけるために,オフェンスロボットには捕球機構と同じプラスチックチューブでできたバンパーが取り付けられています.
このバンパーが敵ディフェンスロボットのタックルの衝撃を吸収し,押しのけることができます.
また,足を中心に寄せ足があまりあがらないようにすることで,片足のときに相手ロボットがタックルを仕掛けてきても倒れないような構造になっています.

パスは上半身のアームをダイナミックに回転させ,遠心力を利用し,ハンマー投げのようにボールをきれいに投げます.
アームは高速回転しており,なおかつサイドスローなので相手ディフェンスロボットの妨害を受けにくい軌道のボールを投げることができます.

プラスチックチューブを多用することで,今までのアルミフレームをベースとした直線的なデザインから,曲線を多用した今までにない外見のロボットに仕上がりました.

文章:2011年度Bチームオフェンス操縦者