最終更新:2017年12月15日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2016 - 極雅

全体図
  • 地区大会ベスト4,技術賞受賞

「高く砦を積み上げるためのロボットの精密な動作」を極めていこうという心構えの気持ちを込めて,最果てを意味する「極」と高く積み上げた砦の美しく上品で優雅な様子を「雅」にたとえて「極雅」という名前にしました.
ロボットの側面には大分にゆかりのある武将・大友宗麟の家紋と,別府竹細工の六目編みをモチーフにしたデザインが施されています.

「極雅」は「極」と名付けられた建築ロボットと「雅」と名付けられた積載ロボットの2台で200mm×300mm×400mmの直方体のブロックを高く積み上げます.
積載ロボットはフィールドに配置されたブロックを1度に最大8つストックして,建築ロボットに渡します.建築ロボットはブロックを6つまでストックすることができ,受け取ったブロックを高く積み上げていきます.およそ10秒で1段分高く積み上げることができます.

このように2台のロボットが協力して留まることなくブロックを積み上げていきます.
2台で積み上げたブロックは最大で1.8mにもなります.

九州沖縄地区大会ではベスト4,また技術賞を頂きました.

文章:2016年度Aチームリーダ