最終更新:2017年12月15日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2016 - 烈覇

建築ロボットと玉網(地区大会仕様) 積載ロボット(地区大会仕様)
  • 地区大会優勝
建築ロボット(全国大会仕様) 積載ロボット(全国大会仕様)
  • 全国大会準優勝

燃え上がるようなデザインとスムーズでダイナミックな動きを備えたロボットがBチームの烈覇です.

2016年度の競技「ロボットニューフロンティア」のルールはブロックをより高く積み上げる必要がありましたが,ロボットを上に高く伸ばすことは至難の技です.
ですが烈覇はブロックを持ち上げ,下に差し込むことでロボットの高さに影響されずに積み上げることができます.

また接地不可能な海ゾーンを渡る際に釣りに使われる玉網を橋として使っていることも特徴です.
この玉網の長さが約8mあり,フィールドを跨ぐ様子は圧巻です.

ロボット名の「烈覇」は勢いが激しいという意味の「烈」と,ロボットが新大陸を制覇する様子から,制覇の「覇」を取りました.そして,勢いよく砦を建築し,新大陸を制覇するという意味を込めて「烈覇」という名前にしました
チーム名の「烈覇」はこの玉網の名前が由来という噂があるようですが,真相を知るものは誰もいません.

九州・沖縄地区大会では念願の優勝を果たし,全国大会では決勝戦再試合で敗れ惜しくも準優勝でした.

文章:2016年度Bチームリーダ