最終更新:2016年11月21日

※ 写真をクリックすると拡大表示します。

2011 - yadmaris

yadmaris01 yadmaris02 yadmaris03
  • H23年度七夕祭り参加
  • 大分銀行ドームでの「みんなの縁日」イベント参加
  • 動態保存中

大分市誕生100年記念事業・大分合同新聞創刊125周年記念事業
「テオ・ヤンセン展」~風を食べるビーチアニマル~
の開催に合わせて製作した,「大分高専のビーチアニマル」です.

名前は”yadmaris=ヤドマリス”といいます.
県内の各高校・大学がさまざまなビーチアニマルを作る中で,大分高専は「老若男女問わず,誰でも楽しく操縦できるビーチアニマル」をコンセプトに製作を行いました.

人が乗った時の荷重に耐えるフレーム形状にするために,テオ・ヤンセン氏のホーリーナンバーを一部改変した独自のホーリーナンバーを作りました.
脚部自体もアルミ合金で作り,耐久性を向上させました.

yadmarisの操縦は,座席の左右に搭載された2本のレバーで行います.
戦車やショベルカーのように,左右の足を独立して動かしているためです.
レバーの前後だけで,360°思い通りの方向に動くことができます.

後部にはテオ・ヤンセン氏が実際に使っているものと同じパイプで装飾を形作った他,座席には木材を用いて,座っても冷たくないようにしています.
子どもが乗っても安全なように,電源のバッテリー・ギアボックス・足のリンク周辺にはカバーを設けて安全性にも配慮しました.

「第30回大分七夕まつり」では,県内各校のビーチアニマルと共に大分の中心街を練り歩き,途中,モーターのキーが外れるというハプニングにも見舞われましたが無事にイベントを成功させました.
そのあとは,大分市美術館に展示されていましたが,テオ・ヤンセン展の閉幕に合わせ大分高専に返却され,現在はエレベーターホール前に展示されています.

今後は持ち前の耐久性を生かし,高専祭を始めとする学校内外のイベントで活躍していきます.

文章:2010年度部長